Diary

音楽朗読劇 レ.ミゼラブル

2019年11月14日 06:00
 

こんにちは(^-^)へきるです
朝晩冷え込んできましたね。
街路樹に溜まった枯葉が舞うと
いよいよ冬が近づいてきたなぁと感じます。

都心の街はキラキラと装飾に輝き、クリスマスイルミに包まれたデパートでは一つ500円~700円の菓子パンやケーキが目の前で飛ぶように売れていきました。次から次に人が行き交う交差点では音楽が重低音を轟かせ、電飾はギラギラと街を浮かび上がらせているようです。



かたや都心から少し離れた場所は静まり返り、陽が落ちると街灯も暗く人の影もまばらですよね。この落差にはなんともいえない感覚があります。


話は変わりますが、その光と影、富と貧困。歴史の改革それらが大きな物語となった
レ.ミゼラブルの音楽朗読劇に
フォンティーヌ役で出演させて頂くことになりました。

長年愛されてきた名作ですね。これまでミュージカルや映画にもなった作品なので責任も感じますが演じられるのは本当に嬉しいです。

観に来られる皆様に楽しんでいただけるよう心を尽くして演じさせていただきます。どうぞよろしくお願いします(^-^)

音楽朗読劇レ.ミゼラブルの公演はお知らせよりご確認くださいね

毎日のダイアリー更新は携帯サイトのみで行なっておりますので、コチラもよろしくお願いします(^-^)

Information Discography Goods Diary Schedule Profile FanClub